市営住宅は光回線の工事ができないから工事不要のソフトバンクエアーへ乗り換え急増

市営住宅など公営住宅では光回線の新規工事ができません。

そのため古いインターネット回線から乗り換える際、工事不要で通信速度が高速通信データ量も無制限で使えるソフトバンクエアーを利用する方が増えています。

 

ソフトバンクエアーとは?

これが置くだけで高速通信が開始するWi-Fi(無線LAN)搭載のソフトバンクエアーです。

 

工事不要なので公営住宅などではとても人気のインターネット回線です。

 

転居の際に復旧工事も不要なので余計な費用がかからないので一人暮らしの方や単身赴任の方にも人気です。

 

電力会社等が提供するインターネット回線で遅いと感じる方はには最適です。

 

工事不要のソフトバンクエアー

乗り換えると「置くだけ」で高速通信が開始できます。

 

契約して、端末が届き、その端末をコンセントにつなぐだけです。

スマホもパソコンもワイヤレスで簡単に無線接続できます。

 

光回線なみに高速のインターネット回線です。

 

無線LAN802.11acなので戸建て住宅でも遠くまで届きます

 

早ければ明日から開通します。

 

今なら現金キャッシュバックのキャンペーン実施中なので終了までに契約できればお得です。

 

SoftBankAirのキャンペーン詳細

 

 

光回線の工事ができない理由などを以下にまとめました。

光回線の工事ができないと言われて

実家の両親が最近、インターネット回線が遅くて困ってます。

ADSLからフレッツ光に変更したいと言われたので光回線に申込みしました。

 

しかし、光回線の工事ができないので契約できないと申込みをキャンセルされてしまいました。

 

工事ができない?

その理由は?

市営住宅では光ファイバーの工事ができないからでした。

市営住宅に高速インターネット回線を

同時に、その建物はすでにCATV(JCOM)が開通してるので

新規で光回線を取り込むことが出来ないんです。

 

この契約自体も10年以上前のもので回線速度も遅いんです。

1Mbpsとか古い遅い回線なんです。

 

あと料金も月額5700円、

いまどきのネット回線と比べると高すぎるんです。

 

 

新しい光回線なみに速いインターネット回線に乗り換えたい

でも工事ができないので光回線に乗り換えできない

 

 

といって悩んでます。

 

参考までに、

なんで工事できないのか?

かなり調べたので以下にまとめておきます。

 

公営の集合住宅(市営住宅など)の場合、

以下のような自治体の規約があります。

大阪市の市営住宅の場合

大阪市営住宅通信設備使用要綱より第6条
http://www.city.osaka.lg.jp/toshiseibi/page/0000201259.html

(インターネットの利用)

第6条 入居者は、住戸においてインターネットを利用する場合は、第4条第1項に定める電話回線以内で利用することができる。

3 入居者より光インターネットの利用の申し込みがあった光通信事業者は、本市と「光通信設備装置等設置に関する協定書」(以下「光通信協定書」という。)を締結しなければならない。

4 本市と光通信協定書を締結した光通信事業者は、住宅管理センターに鍵等の協議を行い、現地調査をしたうえで、自治会等の同意書・住宅管理センターの確認書とともに行政財産使用許可申請を保全整備課に提出しなければならない。

 

上記の通り、

市営住宅の場合、住んでる市(自治体)と回線業者(NTTとかau)が開通に際して協議を行い、その結果、行政による財産である住宅への工事がOKなら光回線も開通可能ということです。

 

 

ややこしいですが

わかりやすく言うと

 

市営住宅や公営住宅の場合、
理事会などの共同体で建物への光導入を選んでくれない限り自宅へ回線を引き込む工事を行うことができません。

 

つまり、

今住んでいて周囲に光回線を使ってる家庭がないということは

あなたの部屋も光回線の工事は行えない光回線は使えないということになります。

一般の集合住宅で工事できない事例

アパートなどの市営ではない集合住宅の場合も同様です。

 

過去に光ファイバーの開通工事が行われていない場合、新たに回線を引き込む工事はできません

 

フレッツ光回線工事の流れ

 

最初に建物へ光回線を引き込む場合の工事は膨大な費用が必要でマンションオーナーも嫌がることが多いです。建物のオーナーに工事の許可を取る必要があります。

集合住宅でフレッツ光が開通可能か簡単に調べる方法

これはすごく簡単です。

お近くのNTTへ電話して確認できます。

しかし、市営住宅(公営住宅)は即答で工事不可と回答されます。

 

基本的に

市営住宅ではNTTの光回線は使えない

と思って間違いないです。

 

 

そんなNTTの光回線ですが

フレッツ光が使えなくても

 

今は

  • 光回線なみに速くて
  • 工事不要の回線

というのががあります。

 

しかも月額料金も光回線より安いです。

 

まさに市営住宅向けの超高速インターネット回線です。

光回線と変わらない超高速インターネット回線

 

光回線並に高速なインターネット回線

今はソフトバンクAIRがあるので、通信量制限なしで光回線並みの速度が出る定額低価格の回線も検討してみるといいですよ。

 

本当に早いし、ケーブルなしでスッキリします。

月額料金も光よりずいぶん安いです。

 

工事不要

申し込んでこの箱が届くので

電源いれたらすぐに高速インターネット回線に繋がります。

 

SoftBankAIRなら市営住宅でも光回線並み

市営住宅の実家のネット回線がJCOMの古い回線で遅いと両親が困っていたのでSoftbankAirに乗り換えました。

 

ネット回線ですが、

実際にスピードテストしてみるとけっこう速いです

 

 

 

Androidスマホのスピードテストの結果

タイミングにもよりますが

光回線なみ?かそれ以上出ます。

 

なんでこんなに速いの?

うなってしまいます。

 

SoftBankAir実際に使ってみた感想

以上のように

 

SoftbankAirは

基本的に

めちゃくちゃ速いし快適です。

 

 

 

SoftBankAirはWiMAXよりも圧倒的に速いです。

フレッツ光マンションの回線と同等に速いです。

 

 

データ容量無制限

WiMAXは3日で10GBのデータ通信制限

ポケットWi-Fiは1ヶ月7GBのデータ通信制限

モバイルWi-Fiの場合、インターネット回線の使用に制限があるのでスグに使えなくなります。

でも

SoftbankAirには月間のデータ通信量の制限がありません

【荒野行動】データ通信量が多すぎて通信速度制限にひっかかるので計測してみた

 

通信量の上限が無いので、

  • ゲームやりたい放題
  • YouTubeみたい放題
  • Netflixみたい放題
  • とにかくネット使いたい放題

まさに光回線と同じ感覚でインターネット使いたい放題なんです。

しかもめっちゃ高速通信です。

 

端末置くだけの工事なしで使えるインターネット回線なのにめちゃくちゃ速いから市営住宅や工事できないワンルームマンションなんかでとても人気の回線です。

 

月額料金も安いので一人暮らしでも選ばれてます。

解約時の出費が無いから安心

光回線の例だと

一人暮らしで入居時に光回線工事で2万円

卒業や就職などで転居時にさらに工事費2万円

こういう出費がかかります。

 

さらに

光回線だと

契約2年縛りや3年縛りの更新月がずれると違約金で9500円とか26000円とか加算されます。

 

 

SoftbankAirなら契約時も解約時も一切工事費はいりません。

 

解約は2年縛りなので更新月に解約するだけで余計な出費は不要です。

 

 

間違いないです。

一人暮らしや市営住宅なら安心のSoftbankAirです。

 

SoftBankAirの契約がお得なキャンペーン

 

月額3800円で無制限で使えます。

 

さらに今なら18歳から25歳未満の方は

36ヶ月間月額2880円の応援キャンペーンもあります。

 

 

SoftBankAirの契約キャンペーンがお得>>

 

うちもお世話になっている取次店で、SoftBank光やSoftBankAirの契約ならここが一番お得です。

 

 

お得なキャンペーン詳細はコチラ