auひかりフレッツ光の違いは

auひかりはKDDIが持つ自前のFTTH(光回線)に加えてNTTが所有する光回線を借りて利用する場合があります。

KDDIは東京電力と提携しています。

そのため東京などのエリアでは東京電力の伝送網を使用したひかりケーブルを引くことができます。しかし東京電力がカバーできていないエリアでひかりケーブルを引く事ができません。こういった場合、auひかりはNTTの光回線を借用して開通工事を行います。

スポンサーリンク

フレッツ光とauひかりは回線自体が違う

光回線の種類は2種類あります。

それは

  1. 電話会社(NTT)が提供する光回線
  2. 電力会社(東京電力や関西電力など)が提供する光回線

の2つです。

光回線とは、光ファイバーを利用した高速インターネットサービスを提供するための回線で有名な回線はNTTが提供しているフレッツ光と、KDDIが提供しているauひかりです。

auひかりはかつて東京電力が提供していたTEPCOひかりとのサービス統合により開始されました。フレッツ光では光回線をNTT自身で運営していますが、auひかりを含めた他の光回線は電力会社が運営しています。

そのため、電力サービスを提供しているエリアでしか光回線のサービスも提供しておりません。

auひかりの場合は、東京電力と提携しているためそのサービス提供エリアは比較的広いです。しかし、NTTがカバーするエリアに比べれば未だに狭いのが現状です。 また、電力会社が光回線を提供している場合には、プロバイダと回線事業者が同じです。そのため、プロバイダを選ぶことができません。auひかりの場合は、一応7つのプロバイダを選ぶことができますが、300以上のプロバイダから好みのプロバイダを選ぶことができるNTTに比べると微々たるものです。

 

auひかり解約時の撤去工事について

契約キャンペーン中の光回線です。

乗り換えや新規開通の予定がある方はぜひ比較してみてください。お得ですよ。

※スマホでご覧の際は横へスクロールできます。

SoftBank光

auひかり

NURO光

docomo光

So-net

ご利用のスマホ ソフトバンクの方
月額安くなる
auスマホの方
月額安くなる
すべての方 ドコモの方
月額安くなる
すべての方
回線業者 NTT
フレッツ光回線
au回線 独自回線と
フレッツ光回線
NTT
フレッツ光回線
NTT
フレッツ光回線
プロバイダー Softbank光 auひかり NURO光 ドコモ光 So-net
独自のメリット IPv6とIPv4を
自動切り替
えでストレ
スフリー
auスマート
バリューで
月額最安
レベル
次世代2Gbps
回線による
史上最速
ネット回線
 docomo
スマホ割引
スゴイ
月額最安
とにかく
月額が安い
契約時
キャンペーン
無条件で
もらえる現金
24,000円
現金
もらえる
キャンペーン
現金
45,000円
キャッシュ
バック
現金
キャッシュ
バック
Wi-Fi
ルーター
月額料金
戸建て:
5,200円~
戸建て:
5,200円~
戸建て:
4,737円円~
戸建て:
5,200円
戸建て:
3,980円~
マンション:
3,800円
マンション:
3,800円~
マンション:
4,743円~
マンション:
4,000円
マンション:
2980円~
オススメ度 契約時の
キャンペーン
CBが超お得

auユーザー
なら
圧倒的割引

キャンペーン
お得で
超高速

ドコモユーザー
なら
迷わずここ

月々が
かなり
お得

公式HP 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

※スマホでご覧の際は横へスクロールできます。

上記のネット契約取次では申込後に電話で説明があるので安心です♪

auひかり
スポンサーリンク
シェアする
おすすめ光回線いろいろ