TP-Link Archer A10無線LAN ルーターのレビュー11ac 1733+800Mbpsでめちゃ速い

 

無線LANを買い替えました

購入したモデルはこれです。

TP-Link Archer A10無線LAN ルーターのレビュー

 

前回使用していたBUFFALOの無線LANルーター

たまたまかもしれませんが、

今回のBUFFALOルーターは寿命が短かった

 

そう思うので今回は初めて

違うメーカーを初めて選びました。

スポンサーリンク

TP-Link無線LAN ルーターArcher A10開封

 

Amazonで注文後翌日の到着

人気機種で在庫も十分

 

 

我が家は一般的な3LDK

鉄筋マンションで基本的に

中継機なしで

全室へ電波が届きそうなモデルを選ぶようにしています。

 

5GHz帯域で1733Mbps

無線LAN acが使える機種

最近のiPhoneやパソコンはほとんどac対応です。

 

 

ac対応でこの1733Mbpsのルーターを使えば

有線LANと同等か環境に依ってはそれ以上の通信速度が出ます。

 

 

なので

今から無線LANルーター買うならac対応ルーターは快適な無線LANによるインターネット環境を実現できます。

 

アンテナ立ってるモデルはやはり電波強い

 

とりあえず開封してる最中ですが

 

この3本の太いアンテナ

 

向きを自由自在に調整できます。

 

 

我が家では過去に以下のようなルーターを使ってきました。

 

  1. 前回使用したルーター アンテナなし
  2. 前々回使用したルーター 3本アンテナ
  3. 更にその前のルーター アンテナなし

 

そして今回

また3本アンテナのモデルを選びました。

 

その結果

 

同じ家屋内で比較した結果

アンテナ3本あるモデルは通信の安定度が高い。

時代が変わり無線LAN b,g,n,acと変化はしてきてますが、

今、acで家族4人

iPhoneメインが2人

パソコンメインが2人

こんな環境でもみなが安定して快速通信できています。

 

TP-Link無線LAN ルーターArcher A10操作方法

 

ワンタッチ接続のWPSボタンは横面にあります。

その横にWi-Fiオンオフボタン。

 

 

大きさは今まで使っていたのBUFFALO WZR-S1750DHPと同じくらい。

 

3LDKや4部屋家屋で

4人家族向けのルーターは

だいたいこのサイズです。

 

 

インターネット回線接続ケーブル

このギガビットLAN差込口から

我が家のソフトバンク光のBBユニットへ接続しています。

 

 

接続が完了したら

本体の背面、後方にある電源ボタンを押します。

 

 

電源が入ると、全面上部のLEDランプが点灯

 

リビングの隅にある電話口周辺に配置

 

アンテナは適当に立ててるだけ

 

 

電源ON時はこのようなアイコンランプが点灯します。

 

 

説明書

接続方法の略図

 

 

管理画面へ入る方法

 

 

http://192.168.0.1

あるいは

Trying to configure the Router? | TP-Link

をブラウザでアクセス

 

 

アクセスするとこのような画面になり各種設定が可能。

とりあえず、

買ったまま

何も設定せずに普通に使えるので触らなくてもいいです。

 

参考までに

ログインパスワードの設定から

 

初めてログインする際、

パスワード設定からの流れがあり、

この通常の管理画面の状態まで到達する感じです。

 

別に触れなくなくても問題なしです。

買ったまま普通に自動的に快適な快速無線LANルーターとして可動します。

 

 

 

スピードテスト

パソコンにて

 

iPadにて

 

普通に快速です。

 

参考までにSoftBank光の通信速度目安

このスピードテストはE-WMTA2.2という1世代前のSoftBank光BBユニットを使用してます。

光ファイバーをマンションの室内まで引き込んでいないタイプの光回線です。

そのためファイバーを引き込んだ回線ほどの速度は出ません。

1,光マンションはVDSL

NTTの光ファイバーがマンションまで届いてるがその先は電話回線を使用。この場合SoftBankから貸出されるBBユニットはWMT2.2になる。

実用回線速度 40Mbps~110Mbps

※当サイト調べ(大阪市内マンションから東京のスポットまでの計測)

2,光マンションギガ(ハイスピード)はFTTH

NTTの光ファイバーがマンションまで届き、さらに各部屋まで分岐してファイバー線を届かせる。この場合SoftBankから貸出されるBBユニットはWMT2.3になる。

実用回線速度 90Mbps~310Mbps

※当サイト調べ(大阪市内マンションから東京のスポットまでの計測)

SoftBank光の回線速度比較ページより引用

 

 

 

またIPv6接続には対応していない(申し込んでない)ので周囲の回線混雑時の影響も受けやすく、最速でこんなもんです。

IPv6対応のE-WMTA2.3を使えばもっと高速なインターネット回線になります。
※IPv6サービスは別途申し込みが必要です。

 

私の仕事用事務所で使ってるIPv6の記事がこちらです。

参考)無線LAN11acが使える光BBユニット(E-WMTA2.3)と古い(E-WMTA2.2)の違いとIPv6対応手続き

 

 

 

まとめ

我が家ではずっと馬鹿の一つ覚えでBUFFALO製品をメインのルーターとして使ってきました。

しかし今回、はじめてTP-linkという中国製のメーカー製品を購入。

 

感想としては

  • とても速いし見た目もイカしてる
  • どこにいても無線がとにかくよく繋がる

そんな印象。

寿命に関してはまた数年先に記録できればと思います。

 

1万円前後の製品ですが、

家族4人、鉄筋住宅マンションでの利用なら

非常に好印象な無線LANルーターです。

 

おすすめです。

Amazon限定の少し低価格なモデルがお得です。