GE-PONとは光回線終端装置「ONUとDSUの違い」メモG-PON NURO光ほか

スポンサーリンク

GE-PON(ジーイーポン:Gigabit Ethernet-Passive Optical Network)を簡単に説明すると、ギガビットのFTTHサービスを実現する技術のこと。

もう少し技術的に説明すれば、PON技術にギガビットイーサネット技術を取り込み、1Gbpsという超高速で光ファイバのアクセス区間通信を実現する技術となる。

【キーマンズネット】IT、IT製品の比較・事例・価格情報サイト
キーマンズネットは企業向けIT製品の導入をサポートします!スペックや導入事例、価格情報・比較情報も充実。資料請求も簡単に出来るIT情報サイトです。

 

PONシステムとは複数の末端ユーザーで回線を共有する技術のこと。

 

GE-PONシステム

GE-PONはIEEE802.3ahにおいて標準化された高速光アクセス方式です。

IEEE802.3ahではOLT(Optical Line Terminal)-ONU(OpticalNetwork Unit)間の通信制御方法,保守監視インタフェース等の規定だけがされています。実際にこの標準にのっとった装置をつくるとを考えた場合、例えば装置を保守運用するオペレータとのインタフェースをどのようにするか、ONUの開通方法をどのようにするかなど考慮すべき課題がいくつもあります。これらの課題を解決するために、いくつかの機能を装置に搭載する必要があり、これらの機能をここでは、システム化機能と呼びます.

NTT資料

光回線終端装置

光回線終端装置(ひかりかいせんしゅうたんそうち)は、光通信ネットワークの終端に設置され、光信号・電気信号間の変換と光信号の多重・分離をするデータ回線終端装置である。

俗に光モデムと呼ばれることがあるが、モデムは通信のアナログ-デジタルの変換を行ない、ONUでは光-デジタルの信号変換行うことから異なるものとされる。

ONUとDSU

  • ONU (Optical Network Unit : ONU) と呼んだ場合は1芯式
  • DSU(Digital Service Unit : DSU) と呼ぶ場合は2芯式

光通信を行うには事業者側と加入者側の双方に対になった終端装置が必要である。加入者側では光ネットワークユニット (Optical Network Unit : ONU) を使う

加入者側について話していることが明らかな場合には、光回線終端装置とONUを同義語のように使うことが多い。事業者側ではSLT (Subscriber Line Terminal) またはOLT (Optical Line Terminal) を使う。

ただし日本では、NTTグループや電力系通信事業者など多くの事業者において、「ONU」と呼んだ場合は1芯式(光ファイバー1本で信号の送受信をピンポン伝送方式で行う)の装置を指す。

2芯式(信号の送受信にそれぞれ別々の光ファイバーを1本ずつ使用するもの)の装置については加入者回線終端装置 (Digital Service Unit : DSU) と呼び、ONUと区別している。

日本で使われているONU(製品名)

EX-ONU、FX-ONU

NTTのビジネスタイプ、ベーシックタイプ用のONU

B-PON<>A B-ONU-E<1>

NTT東日本のニューファミリータイプ

NTT西日本のファミリー100用のONU

GE-PON<>A

GE-PON-ONU<1>2

GE-PON-ONUタイプD<1>2

NTT東日本のハイパーファミリータイプ

NTT西日本の光・プレミアム用のONU

NTTのネクスト用のONU

この時期のONUは初期には100Mbps回線加入用として提供されたが、実際にはギガビットネットワークに対する通信能力を備えている。この為、ONUや光ファイバーの入れ替え工事をしなくても、100Mbps IPv4ネットワークから、1Gbps IPv4,v6ネットワークにアップグレードできる。

GE-PON-ONUタイプE<1>2

GE-PON-ONUタイプG<1>2(GE-PON-ONUタイプD<1>2とホームゲートウエイが一体化したもの)

Yahoo!BB光ONU

Yahoo!BB光用のONU

ひかりoneホーム用ONU

auひかり用のONU

V-ONU

ケーブルテレビ用のONU

 

参考引用

 

引用Wikipedia

 

auひかりフレッツ光 回線の違い

 

NURO光のG-PON

下り最大2GbpsのNURO光が採用するPON技術。

NTTやauが使用するGE-PONの約2倍の伝送速度を実現する仕組みになっている。

 

 

NURO光 6Gbps、10Gbps対応 XGS-PON

下り最大10Gbpsのインターネット 「NURO 光 10G」
NURO 光 10Gは、So-netが提供する下り最大10Gbpsの光ファイバーサービスです。

次世代ネットワーク規格XG-PONを採用したことで実現した下り最大10Gの通信サービスです。今後4Kの映像配信の普及やIOTの浸透によってインターネットにつながる機器が爆発的に増えると予想されています。NUROでは今まで同様、すべてに先駆けて個人向け10Gサービスの販売を開始します。2018年

※東京都ほか関東の一部地域のみ

2018年5月 大阪市未対応

 

auの超ひかり 5Gbps 10Gbps

 

ベストエフォート型サービス。記載速度は技術規格上の概ねの最大値となり、実使用速度を示すものではありません。お客さまのご利用環境、回線の状況などにより大幅に低下する場合があります。ホームゲートウェイ内蔵の無線LANご利用(有料)時の通信最大速度は、最大2.4Gbps(Draft IEEE802.11ax)/1.7Gbps(IEEE802.11ac)となります。

※東京都ほか関東の一部地域のみ「auひかり ホーム10ギガ・5ギガ」は戸建て向けサービスとなります。

 

うちは光回線なのに遅い?

フレッツ光を契約して何年も経過すると、最新の光回線と比べてずいぶん遅く感じることがあります。使ってる終端装置が古い型番の場合、「昔の光回線」のままです。

今の光回線はFTTHで速いです。

 

ご存知ですか?

光コラボレーションモデルに乗り換えると月額料金が安くなります。

 

従来のフレッツ光回線はNTTのフレッツ光回線契約とインターネットサービスプロバイダー(ISP)が別々の契約でした。

 

しかし、

今はそれらがセットになったシンプルな契約光コラボが主流です。SoftBank光、docomo光、OCN光など名称はいろいろ増えましたが、どれも同じフレッツ光回線です

 

乗り換えると

  • とにかく月額が安くなる
  • 最新の終端装置で回線速度は現代の光回線になる

といい事づくしです。

 

回線乗り換え時に発生する違約金などは新しい契約で貰えるキャッシュバックでカバーできます。

 

最新のFTTH(光ファイバーを部屋までつなぐ工事)を施した回線が恐ろしく高速ですよ。

 

フレッツ光時代に契約した光回線はそのまま使うと損です。
月々の料金も高いし、回線も遅いです。

 

この機会に光コラボに乗り換えましょう。

おすすめの乗り換え光回線(キャンペーンが優秀)はこちら

おすすめ光回線と選び方キャンペーンや月額料金で自分に合ったインターネット回線を選ぶ
2019年に光回線を契約するなら あなたの使うスマホのキャリアに合わせて回線を選べば一番オトクです。 さらに! 古いフレッツ光回線をお使いのお宅なら最新の光コラボ契約乗り換えることで ...