MbpsとMB/sの違いとは?回線の通信速度やデータ容量で使う単位「ビット」と「バイト」の違い

スポンサーリンク

自宅のWi-Fiで通信速度を計測するときに出る単位「Mbps」
USB機器やパソコン内部のスロットの速度を表すときに見かける単位「MB/s」

MbpsとMB/sどちらも同じ様にデータ転送速度を表すものですが、
1Mbps = 1MB/sではありません。

Mbpsはメガビットパーセコンド

 

Mbpsは1秒間に何メガビットのデータ通信(処理)速度といいう意味です。

1ビット(1bit) = 0.125バイト(byte)

 

MB/sはメガバイトパーセコンド

 

MB/sは1秒間に何メガバイトのデータ転送が可能という意味です

8ビット(8bit) = 1バイト(byte)

 

 

ビットとバイトの関係

1ビット(1bit) = 0.125バイト(byte)

8ビット(8bit) = 1バイト(byte)

という感じでバイトはビットの8倍。

ビット(bit)はPCや通信でデータ量を表す際に使われる最小の単位。CPUが扱う数値の単位としても用いられます。1ビットは「0」と「1」のような2通りの数字を扱うもの。古くは機械語などと言われていたコンピューターを動かす際の命令文。プログラミングの原点ともいえる「オン」「オフ」のみを表記して命令文を作成する際に主に使われていた単位。

 

ビットは転送速度を表す単位

バイトはデータ容量を表す単位

と理解しておくといいです。

ビットが扱えるスイッチ(数字)

1bit = 2通り
2bit = 4通り
4bit = 48通り
8nit = 256通り
32bit = 4,294,967,296通り

ビットはコンピューターの頭脳「CPU」が扱えるデータの最小単位のこと。昔は、8ビットパソコンなんてのもあった、これは2の8乗(2を8回かけた数字)個のデータを同時に処理できるパソコンっていうこと。

2の8乗は、
2×2×2×2×2×2×2×2=256 という計算になる。

CPUはどんどん高性能になっていて、16ビット、32ビット、64ビットのように進化してきた。

32ビットは、2を32回かけるから、4,294,967,296
64ビットは、2を64回かけるから、18,446,744,073,709,551,616

という具合にビットは「○ビット」の○の部分を2に対して乗算していく

8ビット = 1バイト

バイトは主にデータの容量を表す際に使用される単位。
1バイト
1Kバイト(1,000バイト)
1Mバイト(1,000,000バイト)
1Gバイト(1,000,000,000バイト)
1Tバイト(1,000,000,000,000バイト)

1000バイトで「キロバイト」
100万バイトで「メガバイト」
10億バイトで「ギガバイト」
1兆バイトで「テラバイト」

などとデータ容量を表す際に用いられる単位のバイトはハードディスク容量200GB(ギガバイト)とか馴染みが多いはずです。

ここでは単純に

1バイト = 8ビット
とおぼえておきましょう。

「MB/sとMbps」を光回線とWiMAXで見ると

 

1MB/s = 8Mbps

1メガバイト/秒 = 8メガビット/秒

となります。

 

WiMAXの例

WiMAXで見る最大転送速度は440Mbpsです。

これは

440メガビットパーセカンド

440Mbps ÷ 8 =55MB/s

 

440Mbpsの回線では

1秒間に55メガバイトのデータ転送速度と読み取ることが出来ます。

 

1GBの容量のファイルを転送するのにかかる時間は約18秒ほどとなります。

1000MB(1GB) ÷ 55 = 18秒

 

光回線の例

 

フレッツ光回線で見る最大転送速度は1Gbpsが理論上の最高速です。

1Gbps = 1000Mbps です。

 

1000Mbps ÷ 8 = 125MB/s

 

1Gbpsの回線速度では

1秒間に125MB(メガバイト)のデータ転送速度と読み取ることが出来ます。

 

1GBの容量のファイルを転送するのにかかる時間は約18秒ほどとなります。

1000MB(1GB) ÷ 125 = 8秒

 

 

1GB(ギガバイト)のデータを転送するのに

  • WiMAXでは18秒
  • 光回線では8秒

その差10秒の違いがあるとわかります。

あくまでも理論上の最高速です。

 

実用速度はそんなに速くないです。

インターネットスピードテストの単位Mbpsと実際の容量

光回線の実際の速度(実用速度)は40Mbps~80Mbpsという事例が多いです。

※FTTH光ファイバー工事済みの場合200Mbps~400Mbpsという例が多くなります。

 

ここでは一般的な光回線(FTTHの別工事をしていない電話回線経由の光回線)を例にスピードテストをしてみます。

 

普段使ってる回線の混雑状況などを鑑みた実例です。

(普段の転送スピードの実例)

 

普段の光回線はこんな速度です。

インターネット回線のスピードテストで使う単位はbit(ビット)です。

フレッツ光(プロバイダーはYahoo!BB)です。

 

フレッツ光マンション(SoftBank光の契約)となります。

スピードテストの結果はいつもこのくらいです。

上り 75.6Mbps

下り 85.6Mbps

という結果が出ます。

これを普段扱う写真や動画などのデータに見合わせてbyte(バイト)で言い換えてみると(上り下りとも80Mbpsとして)

 

80Mbps ÷ 8 =10MB/s

 

80Mbpsの回線状況で1秒間に転送できるデータ量は

上り 10メガバイト(MB)/秒

下り 10メガバイト(MB)/秒

となります。

 

つまり、

1秒間に10メガバイトのデータをダウンロードできる回線

1秒間に10メガバイトのデータをアップロードできる回線

といえます。

 

1秒間に10MBの送受信が可能な状態なので

50メガバイトの写真をダウンロードするのに5秒かかる

ということになります。

大きなデータダウンロードの事例

 

光回線で見る事例

1GB(ギガバイト)の動画をアップロードするのに100秒(約1分半)かかる。

という感じです。

 

例)PUBGのゲームデータをダウンロードする際にかかる時間

※光回線なら30GB(ギガバイト)あるPUBGなどのゲームデータをダウンロードする際、30分~60分程度で完了できるというイメージです。

 

※PUBGを夜の混雑時にダウンロードしたら。。

実用速度は7MB/s(56mbps)で約1時間程かかります。

 

WiMAXで見る事例

WiMAXの場合、光回線よりも遅く4Mbpsからいいとこ20Mbpsの実測データが主流です。

同じ要領のデータを受信するのにかかる時間は

光回線の5倍から10倍時間がかかります。

また3日で10GBの通信制限があるためPUBGのような大きなゲームデータをダウンロードするとその後3日間は通信制限がかかります。

 

 

おすすめのWiMAXプロバイダー

WiMAXキャッシュバックキャンペーンと月額料金でプロバイダー比較おすすめランキング
ワイマックスを契約するときに気になる月額料金の比較。UQWIMAXフラットギガ放題による3年間の縛り総額料金で比較したプロバイダーのおすすめランキングです。WiMAX2+キャッシュバックキャンペーンなど契約時に得するランキング

 

おすすめの光回線プロバイダー

おすすめ光回線と選び方キャンペーンや月額料金で自分に合ったインターネット回線を選ぶ
2019年に光回線を契約するなら あなたの使うスマホのキャリアに合わせて回線を選べば一番オトクです。 さらに! 古いフレッツ光回線をお使いのお宅なら最新の光コラボ契約乗り換えることで ...