クレジットカード無しブラックリストでもWiMAX契約審査は通るの?携帯キャリアと金融クレジット延滞者の否決事例

WiMAXの申し込みに際しては簡単な審査があります。

契約して大丈夫な人かどうか?の審査です。

契約して大丈夫な人かどうかの判断はクレジットカードがあるかどうか?

クレジットカードが有る人は分割払いに際して信用のある人となります。

携帯キャリアの審査と同様簡単なものですが、このクレジットカードの有無がWiMAXの契約申し込みに際して大きなハードルとなってます。

WiMAXの契約時の審査はクレジットカードの有無

WiMAXの契約に際して、審査がありますが、これは至ってシンプルなものです。

 

クレジットカードの有無によって審査の可否が決まる。

ネットで申し込みできるWiMAXの契約。

月額料金と端末(ルーター)の料金を分割払いする契約がほとんどです。

端末代金は契約時のキャンペーンで無料と表記されてはいますが、実際のところ、ちゃんと2年、ないし3年間の契約期間を継続してもらえる客じゃないとプロバイダは損します。

端末って18,000円くらいします。

 

毎月の支払いも遅れずにデキる人かどうか?

それをクレジットカード作れるかどうか?で見極めているのが昨今の通信キャリアの審査です。

 

審査に通らないブラックな事情

クレジットカードがあっても下記のような過去がある人は審査に通らない例もあります。

 

スマホの料金未払いががある。

スマホの支払いが何度も遅れたことがある

携帯キャリアで料金を踏み倒した履歴がある

 

などです。

 

WiMAXはau系列だからドコモとソフトバンクは大丈夫?

 

WiMAXの本家はUQ WiMAXです。

そのUQ WiMAXの親会社はauです。

(どちらもKDDIです。)

そのため、過去に延滞した携帯やスマホのキャリアがdocomoとかsoftbankの場合はばれないのではないか?と思われがちです。

しかし、通信キャリア同士の情報網もしっかり整備されている昨今です。

通信会社間でもそういったブラックな顧客データは共有されているようです。

 

いわば、金融会社、クレジットカードや銀行ローンのブラックリストの共有のような審査環境があるという感じです。

 

では、そのクレジットカードや銀行ローンでブラックだった人はどうなのか?

クレジットカードが作れない人。

ローンが組めない人はWiMAXの審査に通るのでしょうか?

 

クレジットカードなど金融ブラックの場合

自己破産、小規模個人再生、任意整理など金融事故がある場合でも電話の料金がしっかりと支払いされていれば審査は通る。

つまりドコモ、au、SoftBankなど通信キャリアの審査と同様の雰囲気です。

 

金融関係の個人信用情報と通信会社の信用情報は切り離して審査されるのが一般的です。

 

そもそもですが、

ネットで申し込みが完了するWiMAXです。

翌日には端末の発送まで出来るわけです。

そのための審査でクレジットカードを必要とする契約が多いわけです。

 

クレジットカードがあれば、即契約です。

 

一方、クレジットカードが無い人も契約ができます。

 

クレジットカードを作れない人は口座振替審査

BIGLOBE WiMAXやブロードWiMAXなどが口座振替審査に通りやすいプロバイダだという情報もありますが、基本的にどこのプロバイダもクレジットカードが無ければ審査に通らない以前に申し込みもできません。

 

クレジットカードなしで申し込めるのは口座振替審査があるUQWiMAXWiMAXのみです。

つまり本家WiMAXではクレジットカードがなくても申し込みが可能。

審査も普通に進められます。

口座振替で契約が可能なWiMAX

 

クレジットカードなしで申し込みが可能なのはUQWiMAXです。

しかしその審査は通常の通信キャリア同様

過去に携帯電話の料金未納はないか?

通信料金の契約で長期未払いはないか?

といったことは審査されます。

 

過去に通信キャリア(会社)で延滞や未払いが溜まってない限り、口座振替で契約は可能です。

 

UQWiMAXはトータルでお得

契約時のキャンペーンや2年間の月額割引など、一見するとお得に見える、WiMAXで人気の2大プロバイダー。(ブロードWiMAXとカシモWiMAX)

しかし、これら本家WiMAX(UQ WiMAX)以外のプロバイダー経由でWiMAXを申し込むにはクレジットカードが必須となります。

たとえ、クレジットカードを持っていても、本当にこの2社がお得かどうか?を考えると

3年契約できっちり解約するならお得ですが、3年以上継続するなら損です。

 

なぜなら2年、3年と期間を切って月額料金を本来の4400円未満に下げているプロバイダーは3年を超えた37ヶ月目から月額料金が6000円程度まで跳ね上がります。

UQWiMAXなら4400円ですむところ、37ヶ月目移行は毎月1500円以上高額な月額料金が引き落とされていくわけです。

 

WiMAXプロバイダー比較表

※スマホで閲覧お方はスマホをヨコに向けて御覧くださいm(_ _)m

プロバイダ 3年間の総額費用 実質月額 CB クレジットカード無し申込み(口座振替)可否 備考
BroadWiMAX 126,626円 3,517円 0円 最新機種で契約可能
GMOとくとくBB  125,280円 3,480円 5000円 最新機種も選べて月額も安い
UQ WiMAX  147,680円 4,102円 10,000円 最新機種も選べるが月額は基準値3年以上使うなら断然オトクです
BIGLOBE WiMAX 2+ 130,320円 3,620円 30,000円
選べる
口座振替での申込み可
カシモWiMAX 133,368円 3,704円 0円 使用機種は限定される
DTI WiMAX2+  129.670円 3,601円 0円 オプション加入など条件あり
3WIMAX 141,470円 3,929円 0円 オプション強制の評判が悪い
家電量販店 154,752円 4,298円 0円 オプション強制の評判が悪い
au WIMAX 159,312円 4,425円 0円 特にオトクなポイントもない

 

※CB = キャッシュバックの略

※UQ Flatツープラス ギガ放題 3年での費用計算
キャンペーンでのキャッシュバックを差し引いて計算しています。

 

※ビッグローブWiMAXも口座振替での申し込みは可能です。

 

長く使う予定ならUQWiMAXが一番オトク

上記表でも3年間の総額を表示していますが、3年間のトータル費用を見ても、4年使うならUQWiMAXが圧倒的にお得になります。

今は長く使う予定ではなくても、分割で口座振替で長く契約していた実績は信用となります。

クレジットカードのクレジットヒストリーみたいなものです。

WiMAXや携帯キャリアでも口座振替で長く契約し支払いを遅れずに継続できた人は、機種変更時など最新モデルでも口座振替のまま分割払いが可能になっています。

 

※UQWiMAXの口座振替申し込み

 

クレジットカードが無い方でも契約可能な本家WiMAXのUQWiMAX。

口座振替可能かどうかの簡単な審査(過去に通信会社の延滞ないかどうか?の審査)はありますが、契約さえできれば、新たに信用を積み重ねていくこともできます。

 

長く愛用したい回線。

私もずっとUQWiMAXです。

もう10年間使ってます。

 

長く使うなら圧倒的にお得なのはUQWiMAXです。

本家WiMAX生みの親「UQ WiMAX2+」

他社では3年経過すると月額料金が6,000円程度まで跳ね上がるが、本家UQWIMAXではずっと月額料金はそのまま。4年使うなら間違いなくUQがお得です。

最大速度708Mbps対応端末が選べます。

※下り1GBbpsのW06も選択可能

 

契約期間中に気軽にプラン変更できるのは本家UQWIMAXならではです。

3年以上使い続けても月額料金が上がらないのはここだけです。

私は月々料金の安定度重視でココを選びました!

UQ WiMAX2+の詳細はこちら>>


 

 

人気のWiMAXプロバイダーはこちら

WiMAXキャッシュバックキャンペーンと月額料金でプロバイダー比較おすすめランキング
ワイマックスを契約するときに気になる月額料金の比較。UQWIMAXフラットギガ放題による3年間の縛り総額料金で比較したプロバイダーのおすすめランキングです。WiMAX2+キャッシュバックキャンペーンなど契約時に得するランキング