光コラボレーションとは何ですか?プロバイダと回線契約の一本化で乗り換えでお得にするプランです

スポンサーリンク

光コラボレーションとは何ですか?

 

光コラボレーションとは

 

この答は

プロバイダと回線契約の一本化で乗り換えでお得にするプランです。

今までNTT回線契約+プロバイダ契約が別々だったのが一本化されたのが光コラボレーションモデルという理解で大丈夫です。

一本化されたことで料金が低めになったため大手プロバイダ各社の料金が自然と統一されたので乗り換えがお得なんです。

 

もちろん新規契約でもこのオトクなプランで契約することになります。

フレッツ光回線を提供しているのはNTT東日本とNTT西日本です。
光回線を契約する際、そのフレッツ光の提供を受けた各事業者(プロバイダなど)がフレッツ光の速度、回線品質をそのままに各事業者によるキャンペーン(キャッシュバックなど)を加えて提供するプランです。

 

もう少し詳しく説明しますね

 

光コラボレーションというサービスが生まれる前、
私達のような一般利用者は

1,回線事業者であるNTT東日本、NTT西日本のどちらかで回線契約が必要。
さらに
2,インターネット回線接続業者であるプロバイダとも契約する。
という回線事業者とプロバイダの2つの契約を行う必要がありました。

 

現在主流の光コラボレーションの場合、

2015年2月から始まった光コラボレーション。

フレッツ光回線の販売契約をNTT自体が行うことがなくなり、フレッツ光の回線提供を受けた事業者が利用者と直接フレッツ光の回線契約そのものを行うようになりました。

 

回線提供事業者はプロバイダ

回線提供事業者はプロバイダになります

 

以前は

利用者はフレッツ光契約の際、

以前のようにNTTとプロバイダの2箇所で契約するという煩わしい手続きが必要なくなりました。

 

つまりSo-netで契約しようと@niftyで契約しようとOCNで契約しようとフレッツ光の契約に際して手続きする事業者は従来のプロバイダである事業者1箇所で良いということです。

さらに、回線の品質はどこも同じです。

  • So-netと契約したフレッツ光
  • @niftyで契約したフレッツ光
  • OCNで契約したフレッツ光

どれも同じフレッツ光の回線です。

つまり、

光コラボを提供する事業者はその多くがプロバイダ事業を行ってる事業者になっているので多くの契約を自社で獲得したいので独自のキャンペーンやキャッシュバックを用意して集客していると考えていただければわかりやすいかと思います。

 

つまり、最近のフレッツ光契約はプロバイダと契約する形になる。

 

そう考えるとわかりやすいです。

 

そして、月々の料金の違いはプロバイダ料金の違いと言えます。

なので利用者である私たちは2015年以降は光コラボレーションによる回線契約をするのが一般的です。

 

なので従来のように

毎月の支払いとサポート先が2箇所バラバラでよくわからん。

という状態ではなく

 

毎月の支払先もサポート連絡先も1箇所になった!

という感じのとてもわかりやすい利用環境になったわけです。

 

乗り換えなら工事不要で月額料金もお得に

そんなフレッツ光の光コラボレーションモデルですが、従来のNTTとプロバイダにそれぞれお金を払う契約から乗り換えすると、とにかく月額料金が抑えられます。

単純にオトクです。

そんなオトクな光コラボレーションのプランについては人気の販売店の説明を見るとわかりやすいです。

ここはとても人気の取次店ですが、何故人気かというと

  • 月額料金が一番安いSoftBank光
  • 契約が最もシンプルなSoftBank光
  • 申し込み手続きがスピーディな取次店
  • 開通まで無料でSoftBankAIRを貸出
  • 現金キャッシュバックが無条件で24000円
  • キャッシュバック支払いサイクルが一番早い
  • フレッツ光からの乗り換えなら更に

といたれりつくせりで人気です。

私も2017年にここで2本めのフレッツ光回線をこちらで契約しました。

(快適です)

SoftBank光というサービス名称のフレッツ光回線です。

それが光コラボレーションという今お得な契約方法です。

こちら→光コラボSoftBank光がお得なフレッツ光契約取次店

プロバイダーとフレッツ光回線が一体になった契約といえば古くから人気なのがSoftBankのYahooBBと光回線の組み合わせです。

その光コラボレーションがSoftBank光です。

回線はフレッツ光です。

呼び方が変わっただけなんです。

 

SoftBank 光コラボレーションとは?

「Softbank 光」とは、NTT東日本・NTT西日本の光ファイバー回線を使って、ソフトバンクが提供するプロバイダであるYahoo!BBを通したフレッツ光回線(SoftBank光コラボレーション)です。

  • 余計なオプション
  • 意味不明なプラン
  • わかりにくい契約内容

こういうのが一切なくてシンプルな契約

そして月額3800円からと業界最安のプランを選べます。

SoftBank 光 2年自動更新プランの月額基本料金です。

月額基本料金
集合住宅 3,800円
戸建て 5,200円

※ 上記は殆どの方が利用するプラン「2年自動更新プラン」の月額基本料金です。契約期間内に解約の申し出がなかった場合、さらに2年間を契約期間として更新します。契約満了月以外で解約した場合、9,500円の解除料が必要です。

覚えておくのはこの条件くらいです。

最近のスマホ契約なみにシンプルです。

ここまで契約条件がシンプルで

毎月料金も安いのはソフトバンク光だけです。

2017年から管理人も愛用しているSoftBank光のフレッツ回線です。

とっても便利で最もオトクなパッケージです。

キャッシュバックも大きいのでこちらから申し込むのがベストです。

新規でもここが一番ですが乗り換えならさらにオトクです。

 

うちは光回線なのに遅い?

フレッツ光を契約して何年も経過すると、最新の光回線と比べてずいぶん遅く感じることがあります。

 

ご存知ですか?

光コラボレーションモデルに乗り換えると月額料金が安くなります。

 

従来のフレッツ光回線はNTTのフレッツ光回線契約とインターネットサービスプロバイダー(ISP)が別々の契約でした。

 

しかし、

今はそれらがセットになったシンプルな契約光コラボが主流です。

 

回線乗り換え時に発生する違約金などは新しい契約で貰えるキャッシュバックでカバーできます。

 

最新のFTTH(光ファイバーを部屋までつなぐ工事)を施した回線が恐ろしく高速ですよ。

 

フレッツ光時代に契約した光回線はそのまま使うと損です。
月々の料金も高いし、回線も遅いです。

 

この機会に光コラボに乗り換えましょう。

おすすめの乗り換え光回線(キャンペーンが優秀)はこちら

おすすめ光回線と選び方キャンペーンや月額料金で自分に合ったインターネット回線を選ぶ
2019年に光回線を契約するなら あなたの使うスマホのキャリアに合わせて回線を選べば一番オトクです。 さらに! 古いフレッツ光回線をお使いのお宅なら最新の光コラボ契約乗り換えることで ...