1. ホーム
  2. フレッツ光
  3. ≫フレッツ光のファミリータイプとマンションタイプの違いプランと料金の解説

フレッツ光のファミリータイプとマンションタイプの違いプランと料金の解説

フレッツ光を申し込む際、今お住いの自宅のタイプによって料金プランが自動的に決定されます。これはどこで回線契約しても同じです。

光回線の工事はNTTが行うのでSoftBank光でも光コラボレーションでサービス名が違うものでもみんな同じです。

料金はお住いのタイプで決まります。

インターネット回線をお得に
U-mobile

住居のタイプで決まる契約プランについて

例えばこれから光回線を開通させる今お住いの部屋がマンションやアパートなら光マンションタイプ。
戸建ての持ち家や戸建ての借家の場合はファミリープランとなります。

つまり、一戸建てに住んでいるとファミリータイプとなります。
マンション、アパートなそ集合住宅にお住まいの場合はマンションタイプでそこからさらにプラン1、プラン2、ミニと契約プランが分割されています。

一戸建ての場合、

ネクストハイスピード(隼・ギガ)ファミリータイプ

一戸建ての場合

ファミリータイプのネクストハイスピードとなります。
ネクストハイスピードはNTT西とNTT東でサービス名称が違っています。

  • NTT西日本は 隼
  • NTT東日本は ギガファミリー

とサービス名称が異なりますが、どちらもファミリータイプということです。

集合住宅の場合

ネクストハイスピード(隼・ギガ)マンションタイプ(プラン1、プラン2、ミニ)

集合住宅についてはその建物に備え付けられている分配器のタイプによって契約プランが異なってきます。

 

回線工事の違いについて

一戸建てとマンションタイプでは光回線契約時の工事費用にも違いがあります。

その理由は以下のようなものがあります。

ファミリータイプの回線工事

ファミリータイプはマンションタイプに比べて月額料金が少し割高です。
しかし契約時は回線工事がマンションタイプよりもお得になっています。回線を引き込む工事が比較的簡単に行えるためNTT工事費自体は安く、使える回線も基本的に最新の回線(ギガ回線)が使用できます。

 

マンションタイプの回線工事

集合住宅(マンション、アパート等)では住んでいる建物によって回線のタイプが違います。
集合住宅の場合、電柱から光回線が引き込まれ、その集合住宅に予め備え付けられた分配器によって各部屋に回線が分配されます。
この分配器があらかじめ備え付けられている集合住宅では回線工事はあっという間に完了するので工事費も安く済みます。

一方、アパートや古い集合住宅、市営住宅や公営住宅など光回線の分配器が備え付けされていない建物の場合は新たに光回線分配器を備え付けるための大規模な工事が必要となります。

このあたりが不安な方はこちらも御覧ください。

市営住宅、公営の集合住宅でフレッツ光が使えない!NTTの光回線契約が出来るか調べる方法


その際は大家さんに確認したり住宅の管理組合へ確認相談する必要があります。

これらの分配する機器や建物内のケーブルの種類によってマンションタイプの(プラン1、プラン2、ミニ)といった詳細タイプが変わってきます。

各タイプの料金表

お住いのエリアがNTT東日本管轄なのか?

お住いのエリアがNTT西日本管轄なのか?

そのエリアの違いによって料金プランも変わってきます。

 

東日本の月額料金

ネクスト光の料金表です。

価格は2年割りによる割引サービス適用後の実質価格です。

通常、フレッツ光(光コラボレーション)の契約をすれば皆さんこの割引後の料金です。

※プロバイダ料金は含んでいません。

タイプ ファミリー マンション
(プラン2)
マンション
(プラン1)
マンション
(プランミニ)
月額料金 4,600円 2,950円 3,350円 3,950円

上記の料金に工事費(18,000円)を分割した金額(初回3,000円、2ヶ月目以降500円)を加えた金額がフレッツ光東日本の実質の月額料金です。

これにプロバイダ料金(最安値500円)が上乗せされますので、ファミリータイプを利用している人は月額5,100円+工事費500円が最安の月額料です。

西日本の月額料金

西日本のフレッツ光の月額料金は下記の通り。東日本より全体的に安いです。価格は公式サイトより申し込んだ場合の価格です。

タイプ ファミリー マンション
(プラン2)
マンション
(プラン1)
マンション
(プランミニ)
月額料金 3,810円 2,530円 2,930円 3,420円

上記の料金に工事費(18,000円)を分割した金額(初回3,000円、2ヶ月目以降500円)を加えた金額が西日本のフレッツ光の月額料金です。

これにプロバイダ料金(最安値500円)が上乗せされますので、ファミリータイプの人は月額4,310円+工事費500円が最安の月額料となります。

 

では、料金プランがこのようの統一されているのであればどこで申し込めばオトクなのか?が気になります。

光回線の契約がオトクな代理店で申し込むのが一番

フレッツ光でもSoftBank光でも毎月の料金は「基本的に同じ」なんです。

月々の料金に大きな差が出るのはお住いが一戸建てか?集合住宅なのか?これだけです。

 

では、せっかくフレッツ光(光コラボレーション)で光回線を申し込むならオトクなキャッシュバックや無料でもらえるパソコンやルーターなど、今欲しいと思えるものが貰える取次店で申し込むのが一番お得なんです。

法人や自営業ならパソコンを無料で

個人なら最大8万円のキャッシュバック

こういったキャンペーンを行っている取次店があります。

 

取次店とは、フレッツ光の卸売する契約会社(光コラボレーション会社)に対して、申込み全般を下請けしている会社です。

今の国内の光回線は光コラボレーションといって各プロバイダ(So-net、OCN、SoftBankなど)が卸売販売している回線のみになっています。つまりNTTと契約するわけではなく、NTTは回線の提供と工事を請け負うだけです。

そして回線契約をするのが光コラボレーション会社です。

光コラボの会社は契約に際してややこしいプロバイダのオプションプランをたくさん付け加えてくるので、それらオプションを全部(光テレビや光電話契約など)申し込めば最大8万円相当のキャッシュバックがもらえるという仕組みです。

 

これらの面倒なオプションなしで最大のキャッシュバックがもらえるのはSoftBank光のフレッツ回線です。私が実際に契約するこの会社です。

【SoftBank光キャンペーン】新規申込2万円CB!更に次世代高速無線ルーターまたは無線LAN中継機進呈!

面倒くさがりで細かい契約内容とかすぐ忘れる性格なのでここが一番安心して使えますし、マンションタイプですが工事手配もめちゃくちゃ早くて気に入ってます。

エヌズカンパニーの光回線申し込み体験談

申込みは取次店が行って、あとはSoftBankとの契約になりますから、オプションの申し込みも解約も全部ネットで簡単に完了できます。

 

面倒なプロバイダ契約があっても最大で貰えるキャッシュバックが多いのはこちらです。実家の一軒家で契約してるのですが光電話やテレビのオプションもつけたので当時最大キャッシュバックで6万円ほど貰えています。

キャッシュバック金額は時期により変動しますが、ここは国内でNTT光回線の取次件数はNo.1です。歴史がありますので受付のスタッフさんも不安なことは聴けば全部答えてくれます。

安心してキャッシュバックを貰える申し込みも簡単な取次店はここだけです。

※このネットナビの料金計算プログラムは非常に的確で便利ですよ
(お住いのエリアを選んでから使えるものです)

 

どの取次店で契約するか?を比較していくと最終的に代理店大手のネットナビエフブレイン(ビジョン)の2択になります。

キャッシュハックか?貰える商品か?で選べば月額料金自体に差はありませんからこの2社がお得です。

  • 個人ならネットナビ
  • 法人、自衛ならビジョン

こんな感じで選ぶとお得です。

ただし、

私はどうせ回線自体が同じなら面倒な手続きが無いSoftBank光がいちばん良いと考えてますので、こちらのキャッシュバック手続きが一番早いエヌズカンパニーさんに取り次いでもらいました。本当に手続きがシンプルなのはここだけです。

工事開始まで7日間ほど待つのが通常ですが、ここはSoftBankAIRという超高速ルーターを無料で貸してくれるので急ぎで光回線使いたい人にはとてもオススメですよ。

インターネット回線をお得に
オススメの光回線5社比較

2018年3月個人でも光回線契約でパソコンが無料で貰えるのはここだけ