FTTHとは~光回線契約のVDSLとの違い~戸建住宅と光ファイバーの引き込み工事できない築古マンション

マンションで光回線を契約すると、マンションの構造を理由に

  • FTTh(光配線方式)
  • VDSL(電話回線方式)

の2つの種類で回線工事の内容と契約内容がセットになり振り分けされてしまいます。

※大きく分けてこの2つですがLAN配線方式とうパターンもあります。

スポンサーリンク

FTTHとは

FTTHとはFiber To The Homeの略です。

その名の通り、光ファイバーを門戸まで引き込むという意味です。

 

FTTH(光配線方式)というのは

光回線がインターネット界からマンションまで光ファイバーで繋がりさらに光ファイバーを自宅まで引き込んで繋ぐ回線です。

 

一方VDSLというのは

VDSL(電話回線方式)とは

インターネット界からマンションまで光ファイバーで繋がり
マンションの分電盤から自宅までは電話回線(メタル回線)を使用する回線です。

電話回線はグニャグニャ曲げれるので入り組んだ場所での引き回しに優れています。

 

どちらも光回線には違いないのですが、

VDSLはFTTHに比べて10分の1の速度しか出ません。

光ファイバーってどんなの?

とても細く、透明で硬い材質です。

NTTの工事で部屋まで引き込むことができます。

古い電話回線のジャックがあるコネクターの位置

ここに光ファイバーを引き込む

Fiber To The Home ですね

 

左の白いケーブルが光ファイバーです。

樹脂(ゴム)皮膜で保護されてますが、中身は光ファイバーです。

これをNTTのGE-PONという終端装置につなぎます。

この終端装置に繋ぐ際も無理に折り曲げてはいけない。

 

光ファイバーケーブルが通ってる部屋の電話回線ジャック差込口はこんな感じになります。

光ファイバー引き込み工事を行うとこのように光ファイバーケーブルが部屋まで繋がります。

折り曲げることが苦手な素材です。

室内でも取り扱い(曲げすぎ、折りすぎ)に注意が必要です。

マンションの各戸まで引き込めない

戸建住宅なら問題なく契約できるFTTH

戸建住宅なら電柱から光ファイバーケーブルを引き込むのもかんたん。

電線からスムーズに折り曲げずに引き込める事が多い。

なので戸建て住宅は工事さえすれば光ファイバーによるFTTHのギガスピード回線が引き込める。

 

しかし、

マンションや集合住宅ではそうはいきません。

折り曲げたり角度を変えて光ファイバーを引き込むにもマンションの構造によっては不可能な場合が多いからです。

その結果。マンションFTTHによるギガスピードのインターネット契約ができない事例が増えています。特に古いマンションでは不可事例が多いです。

 

なぜか?

築古マンションでは光ファイバーが引き込めない

光ファイバーケーブルを建物に引き込むインターネット回線が生まれたのは2005年くらいです。

それ以前といか2010年以前に建築されたマンションでは光ファイバーケーブルを部屋まで引き込むことを想定していない建物が多いようです。

 

結果、光ファイバーを引き込むためのスペースや調整が施されてないのでNTT側でも工事不可物件としてデータベースに登録しています。

光ファイバー(FTTH)工事が可能か調べる

自宅マンションが光ファイバーを部屋まで通すことが可能かどうか?は

以下のNTTのデータベースで確認できます。

契約可能プランに回線速度が出ますので100Mbps上り35MbpsならVDSLしか使えない、光ファイバー(FTTH)は工事できないという意味になります。

NTT東日本エリアの方はこちら

光アクセスサービス 提供エリア検索|フレッツ光公式|NTT東日本

 

 

NTT西日本エリアの方はこちら

これより先は、NTT西日本フレッツ光の提供エリア検索のページとなります。|フレッツ光公式|NTT西日本
NTT西日本で取扱い可能な主な他社サービスにおける「電気通信事業法(第26条)」に基づく表記(提供条件)について。NTT西日本の「フレッツ公式」ページ。

 

 

 

auひかりの方はこちら

提供エリア検索 | インターネット回線 | au
auひかり 提供エリアの検索、料金シミュレーションはこちらから。住居タイプと郵便番号を入力して下さい。光回線ブロードバンド、インターネットならauひかり。

 

NURO光も上記と同様です。

 

どこの光回線も同じく契約不可

マンションでFTTHの契約ができない場合

電柱からマンションまで光ファイバーが引き込めない以上、NTTの電線を使う回線ならどこの光回線も使えません。

フレッツ光、au光、NURO光、ドコモ光、ソフトバンク光、OCN光、ビッグローブ光、So-net光プラス、@nifty光、DTI光、ぷらら光、enひかり、楽天ひかり、AsahiNet光、IIJmioひかり

これらは同じです。

au光もNURO光もNTTの回線で不可ならFTTHによるギガスピード回線の契約はできません。

※100MbpsまでのVDSLによる光回線は契約可能です。

 

JCOMのケーブルテレビ回線を使う

ケーブルテレビ回線は電話回線とは違い建物まで引き込んだ光ファイバーの回線を電話配線とは違う配線(同軸ケーブル)で室内まで引き込みます。

JCOMではVDSLの電話回線による配線よりもインターネット回線の品質が上がり、速度もあがります。

 

JCOMでは下り320Mbpsのプランが最速です。

VDSLの光回線より3倍速いインターネット回線が繋がります。

 

ただし、上りは10Mbpsとなり、VDSLの光回線の35Mbpsより遅くなるので注意が必要です。

 

JCOMでもお住いの建物がどのプラン(速度)まで対応しているのか調べることができます。

【J:COM(ジェイコム)】

 

電力会社の回線はどうか?

eo光など電力会社も電話配線とは違う引き回し配線で各戸まで電線を配備できます。

これによりマンションまで届くNTTの光ファイバーケーブルによる回線を各戸まで引き込む独自回線を用意しています。

ただし、電力会社の工事可否データベースを見てもほとんどの場合、NTTの光回線で工事不可となってる建物は同じくギガスピードプランは不可となることが多いです。

まとめ

築年数が古くなってきたマンションでは光ファイバーの引き込み工事ができない。

マンションまでは光ファイバーは通ってます。

しかし、その先は電話回線やテレビの同軸ケーブルを使うケースを選ぶ必要があります。

  • NTT回線を使う回線なら 上り100Mbps 下り35Mbps
  • ケーブルテレビ回線なら 上り320Mbps 下り10Mbps

 

多くのユーザーの口コミを見たり、実際に自分で使ってる限りでは光ファイバー(FTTH)の1Gbpsには及びませんが、NTT回線の100Mbpsが安定しているように感じます。

これから光回線を契約する方へ

VDSLによる光回線も2015年頃は30Mbps~40Mbpsだったものが2021年では80Mbps~90Mbpsを安定して記録しているお宅も多いです。

集合住宅でも最近はモバイルWi-Fiやソフトバンクエアーのような新たな回線を使うお宅も増えてるせいで、NTT回線をベースとするVDSL光回線は本来のベストエフォートに近い速度が出やすくなっているようです。

80Mbpsも出ていればYouTubeで4K動画の視聴もスムーズです。

マンションにお住まいでこれから光回線を契約する

でも工事ができない

という場合でもやはり有線ならではの高い品質レベルが保たれている光回線の安定度は他の無線回線(モバイルルーターなど)よりも圧倒的に優れています。

契約キャンペーン中の光回線です。

乗り換えや新規開通の予定がある方はぜひ比較してみてください。お得ですよ。

※スマホでご覧の際は横へスクロールできます。

SoftBank光

auひかり

NURO光

docomo光

So-net

ご利用のスマホ ソフトバンクの方
月額安くなる
auスマホの方
月額安くなる
すべての方 ドコモの方
月額安くなる
すべての方
回線業者 NTT
フレッツ光回線
au回線 独自回線と
フレッツ光回線
NTT
フレッツ光回線
NTT
フレッツ光回線
プロバイダー Softbank光 auひかり NURO光 ドコモ光 So-net
独自のメリット IPv6とIPv4を
自動切り替
えでストレ
スフリー
auスマート
バリューで
月額最安
レベル
次世代2Gbps
回線による
史上最速
ネット回線
 docomo
スマホ割引
スゴイ
月額最安
とにかく
月額が安い
契約時
キャンペーン
無条件で
もらえる現金
24,000円
現金
もらえる
キャンペーン
現金
45,000円
キャッシュ
バック
現金
キャッシュ
バック
Wi-Fi
ルーター
月額料金
戸建て:
5,200円~
戸建て:
5,200円~
戸建て:
4,737円円~
戸建て:
5,200円
戸建て:
3,980円~
マンション:
3,800円
マンション:
3,800円~
マンション:
4,743円~
マンション:
4,000円
マンション:
2980円~
オススメ度 契約時の
キャンペーン
CBが超お得

auユーザー
なら
圧倒的割引

キャンペーン
お得で
超高速

ドコモユーザー
なら
迷わずここ

月々が
かなり
お得

公式HP 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

※スマホでご覧の際は横へスクロールできます。

上記のネット契約取次では申込後に電話で説明があるので安心です♪

ネット回線
スポンサーリンク
シェアする
おすすめ光回線いろいろ